無理なくプチ断食の続行が可能です

酵素ダイエットの落とし穴とも言えますが、よくある失敗例としては、酵素摂取で代謝機能がしっかり働いているから太らないはずと考えて、トータルの食事量を相当増やしてしまう、不規則に飲食するなどです。

他には、酵素ダイエットとプチ断食を並行させて複合ダイエットを行なっている時に、急に三食ちゃんと食べる生活に戻すと、失敗してしまうことが多いようです。

酵素ダイエットのデメリットとして、失敗してしまうとなぜか肥満しやすい体になってしまう場合もありますので、注意したいところです。

普通のダイエットでは部分痩せというのはなかなか難しいとされてきましたが、酵素ダイエットが進むと、実は足痩せの効果も出てきます。

理屈としては酵素ダイエットの実行で、代謝機能の高まりによって体内の老廃物がどんどん出されて、このため余分な脂肪が蓄えられることがなくなりますし、頑固なむくみが消えていきます。

こんな風にして、足痩せは進行していきます。しかしながら、足痩せの効果をもっと短い期間で感じたいのなら、適切な揉みほぐしや下半身のエクササイズなどもやってみて損はありません。

授乳期間真っ最中の人であっても酵素ダイエットはできますが、プチ断食との組み合わせだけは絶対にNGです。

赤ちゃんにしっかりと栄養を届けるため、授乳期は断食どころかむしろ多めのカロリー摂取を考えるべきで、酵素ダイエットを考えるなら通常の食事に加えて生野菜や果物を摂り、その上で酵素ジュースや酵素サプリを利用するべきですので覚えておきましょう。

そうやって酵素を多くとるように工夫するだけでも良いダイエットの効果は得られるでしょう。

酵素ダイエットを行っている間はできる限りタバコをやめてください。

酵素をせっかく摂ったのに、タバコを吸うことで、タバコの有害物質を排除するために利用しなければならなくなります。

喫煙をしていると肌の状態にも決して良くないため、医者からのアドバイスを聞きながら禁煙することを勧めます。

一番、酵素ダイエットの実践法で効果が出るのは、夕食を酵素ドリンクにしてしまうという生活を少なくとも一ヶ月は続けて行うことです。

理想の体重にできたとしても、急にダイエット前の食生活をまた始めてしまうのではなく、なるべく摂るカロリーを低くし、消化に良い食事にします。

また、酵素ダイエットを終わりにしたとしても体重計に毎日乗ることで、リバウンドに注意を払うことが重要なことです。
イククル